校長メッセージ

写真

秋田県立由利工業高等学校
第24代校長 向川 俊弘

校長あいさつ

 秋田県立由利工業高等学校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
 本校は、昭和37年(1962年)の高度経済成長期に地元地域や産業界の強い要請により、由利本荘地域唯一の工業高校として開学し、今年度創立60周年を迎えます。卒業生は現在11,916名を数え、県内はもとより国内外の産業界で活躍しております。
 現在、機械科(M)、電気科(E)、環境システム科(S)、建築科(A)の4学科が、『自律・創造・誠実』の校訓の下、建学の精神である『全人の夢を育む』という高邁な理想に向けて、将来の自己実現を目指し学業、部活動、生徒会活動等に教職員とともに取り組んでいます。
 令和3年度は、4学科の専門性を生かし避難時に不可欠である水を停電時であっても確保できる装置等の製作に3年計画で取り組み、水を提供するシステムを構築した事や、大津波警報が発せられた場合に校舎を一時的に開放する訓練を近隣保育園や地域住民と合同で実施するなど、地域と連携した安全教育に対して文部科学大臣表彰を受けました。また、秋田県工業系高校生徒による建築設計作品コンクールにおいて、2年連続で最優秀賞を受賞いたしました。さらに、地域貢献活動として、地域貢献部が交通安全の啓発を目指したVR動画の制作し、それを用いた小学生への交通安全教室開催や、課題研究で製作した木製ベンチを地元の老人介護施設へ寄贈するなどの活動を行っております。
 今年度も、「航空機産業に関するコース」、「課題研究」、「各種コンテスト」「部活動」、「地域貢献活動」等を通して、新たな価値を創出する実践的・体験的・探究的な学びの充実を図り、地域社会や産業界に貢献できる人材の育成に努めて参ります。皆様の御理解と御協力をよろしくお願いします。

令和4年5月
第24代校長 向川 俊弘